グリーン・ハンガー誕生秘話

開発のきっかけ

グリーン・ハンガーは空気環境測定を専門としたネコンだからこそできました。

空気環境測定の専門家だからできたグリーン・ハンガー

空気環境測定の専門家だからできたグリーン・ハンガー 空気環境測定を専門に事業展開してきたネコンでは、いろいろなビルやオフィスを測定してきました。その中で気づいたことは、ほんのわずかですが年々二酸化炭素(CO2)の濃度が濃くなってきているということです。

動物と植物の関係がうまく行かないと、酸素と二酸化炭素のバランスは崩れていきます。近年、人は酸素を使いすぎていると共に、森林を次々に伐採しています。また、それを原因とした温暖化などの地球規模の問題も起きています。空気環境測定の専門家であるネコンが、自分たちにできること。それを考えて開発したのが「グリーン・ハンガー」です。

グリーン・ハンガーの機能